エン・ジャパン内定【福岡大学18卒Z.M.さん】

za1

名前(イニシャル):Z.M
内定先:エン・ジャパン
大学:福岡大学経済学部
出身地:鹿児島県
学生時代の主な活動:海外インターン、語学留学、アパレルでのアルバイト
将来の夢:東南アジアでキャリア支援・キャリア教育をすること
キャッチコピー:人よりも足を動かしてみること。
おすすめの本:ワークシフト

【地方就活生OBOGインタビュー】

自分の人生は、人のせいにできない

今回は、福岡大学のZさんにインタビュー!
ふんわりとした外見とは裏腹に、芯を持って様々な活動に精を出していたZさん。3年生の12月に1ヶ月間シンガポールに行った経験もあるそうで・・・!そんなZさんの学生時代の活動から、就職活動に至るまで、どんな人柄なのか、どんな軸を持っていたのか探って行きます!

さくっと要点をまとめると
ミカタマンアイコンよろしくお願いします!まず、学生時代の活動について教えてください!

海外インターン、語学留学、アパレルでのアルバイトを頑張っていました。

 

ミカタマンアイコン 語学留学、海外インターンは、どのぐらいの期間・どこに行かれていたのですか?

元々、高校の時から海外に興味を持っていたので、1年春休みにベトナムに2週間行く海外インターンに参加したり、カナダに語学留学に行ったり、シンガポールにワーキングホリデーに行っていました!


ミカタマンアイコン興味のあることに積極的に行動されていたのですね!次に就活スケジュールについて教えてください。

インターンシップに初めて参加したのは1年生の時で、その頃から自分の将来について考えるようには意識していました。本格的な選考を意識して動き始めたのは、3年のサマーインターン選考が始まる6月からです。10月からはベンチャーの本選考も受けていました。内定先の選考を受けたのは2月で3月の終わりに就活を終了しました。

ミカタマンアイコンお疲れ様でした。1年生の時から積極的に活動をされていたということですが、将来について早くから考えていたきっかけなどはありましたか?

大学受験に失敗したことが原因だと思います。大学受験で失敗したのは、周りの人に頼りっきりだったことが原因だと考えました。そこから、”自分の人生は人のせいにできない”と思うようになりました。”いいところに就活したい!、就活に成功したい!”という気持ちよりは、”知らないことを知りたい”という想いが原動力となり、早期から活動をしていたと思います。

 

za2熊本旅行で牧場で撮った一枚
特に意味はないですが自分らしい写真です!(笑)

ミカタマンアイコンなるほど。就活での1番の苦労はなんでしたか?

福岡で早期から就活を始めると出会う企業がベンチャーばかりで、就活仲間もベンチャー志向の人が多く、ベンチャーは成長できる!大手はダメだ!という考えを刷り込まれていたような気がします。その思い込みから脱するのが大変でした。実際に10月からベンチャーの選考を受け始めて、なんとなく違和感を感じたことから大手もしっかり見るということを意識し始めました。

ミカタマンアイコン確かに、早期から就活を始める人はベンチャー思考な気がします!ベンチャーと大手で違うところはどこだと思いますか?

就活を通して、ベンチャーと大手の違いは、ただ単に企業の成長段階が違うだけ、と思うようになりました。1人1人に与えられる仕事量が違うだけで、大手=成長できない、というわけではないと私は思いました。そこから、自分が頑張れば輝ける、行った先で自分がどう頑張るのかが重要なのではないかという考えに至りました。

 

ミカタマンアイコン深イイ話です!そのような考えに至ったきっかけはありますか?

いろんな社会人の方と話す中で、大手でも目を輝かせて働いている人がたくさんいたからです。自分のモチベーション次第だと感じました!

ミカタマンアイコンなるほど!最初は、どんな業界を中心に見ていましたか?

アルバイトをしていた関係でアパレル業界、流行りだったのでIT業界も、最初は見ていました。

ミカタマンアイコンなるほどですね!いつ頃、自分のやりたいことが明確になりましたか?

就活を進めて行く中で、アパレルやIT業界は、かっこいいけど、キラキラしているけど、自分のやりたいことと違っているなと思ったんです。やりたいことが明確になったのは、3年生の年明けぐらいです。大きなきっかけは、3年生の12月に1ヶ月間、ワーキングホリデーでシンガポールに行ったことです。

 

za4シンガポールにワーキングホリデーに行った時の写真です!

ミカタマンアイコンえ!3年の12月って大変な時期ですよね!?どうしてまた、その時期に海外に行かれたのですか??

就活仲間と同じような話をして疲れていたので、就活から距離を置いて、自分を見つめ直したい!と思ったのが理由ですね。日本にいると、どうしても就活を意識してしまうと思ったため、海外に逃げました!笑

ミカタマンアイコンすごい行動力!相当悩まれていたのですね。12月に海外に行かれて、何か気づきはありましたか?

わたしのワーホリ先にカンボジア出身の副店長がいたんです。その方はすごく仕事ができて、人柄も良くて英語中国語を操るトリリンガーなんですが高校も卒業できず、ウエイトレスなどの仕事で食いつないでシンガポールに出稼ぎに来ていたんです。話を聞くと、高校を卒業していない理由は、「キャリア」という概念がなかったためだとわかりました。
私のワーホリ先はフルーツジュース屋さんでしたが、店長が自己中心的な方で福利厚生も悪くそんな環境で仕事を強いられている彼女はすごくストレスがたまっている様子でした。私は彼女が気の毒で働く環境は、人生の豊かさに直結しているなと思いました。
彼女は旦那さんとお店を出すのが夢だそうですが、彼女にとってキャリアの作り方とか教育の大切さを分かる機会があれば、もっと夢に近い道があるかもしれないし、夢が夢で終わらないかもしれないなと思いました。そのことがきっかけで、教育に携わりたいと思うようになりました。
人それぞれ大事にしたい価値観は違うと思いますが、どんなキャリアを描くにしてもそれを司る教育の機会は皆が等しく持てたらいいなと思ってます!



ミカタマンアイコンワーホリ先の女性との出会いがきっかけで、考え方が変わったのですね!シンガポールに行ったことで明確になった、Zさんのやりたいことはなんですか?


すべての人が働くことを通して自分の環境を幸せに思える社会を作りたい、発展途上国で教育の仕事に携わりたい、ということです!

ミカタマンアイコン内定先とZさんのやりたいことはどのようにつながっていますか?


人材業界は今日本が抱えてる少子高齢化問題や人口減少など社会問題の解決へ直結する仕事をしている業界だと思っています。それは将来してみたい東南アジアでの不平等の解消をキャリア支援やキャリア教育で解決したいという夢につながると思ってます!
エン・ジャパンではまず、人を採用し、その人が会社で活躍できることを軸にコンサルティング営業をします。ただ人を採用するのではなく、採用人が入社後に活躍してその会社に定着する点をゴールにしています。その考え方は、私が東南アジアで将来したいキャリア支援の形とも重なります。自分がキャリアのお手伝いをした人が、そこで終わるのではなく様々な所で活躍されて人生を豊かにしている状態が私の目指すものです。
エン・ジャパンの考え方や事業内容が私自身にもリンクしましたので、エンで学んだ知識や経験は私の夢に繋がると思ってます!


 

za3旅行で熊本の牧場に行ったときに
ブランコで楽しんでる私

ミカタマンアイコンなるほどです!ちなみに、Zさんは、地方と東京でギャップを感じましたか?


あまり感じませんでした。 福岡でも1度に何社もの企業のインターンや本選考を受けられるイベントがあったり、自己分析ができる逆求人などに参加できたりしました。ただ、このようなイベントがあるにも関わらず周りで就活のために動いている人は関東に比べると少ないと思います。いつもイベントで会う人は同じ顔ぶれでした。

ミカタマンアイコン地方のイベントも積極的に活用するべきですね!最後に地方就活生に向けてメッセージをお願いします!

地方の学生も東京の学生も同じ21歳22歳です。東京の学生だからスゴイ!ということはないと就活を終えて断言できます! 地方は確かに情報が少ないかもしれませんが、東京・大阪旅行に行くついでにOB訪問に行ったり、スカイプで面談をしたりと就活を進める手段はいくらでもあります。距離に負けずに頑張ってください!

<interviewer/writer>:Kim Nae(金沢大学3年)

【Z.M.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

Z.M.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です