大手テレビ局内定【国際教養大学18卒S.K.さん】

s.k4

名前(イニシャル):S.K.
内定先:大手テレビ局
大学:国際教養大学
出身地:秋田県
将来の夢:なんでもプロデューサー 
学生時代の主な活動:サークル活動、映像制作 
就活のはじめたときの志望業界:エンタメ業界
キャッチコピー:圧倒的努力

【地方就活生OBOGインタビュー】

大人になっても草むらをかき分ける
好奇心を持ち続けたい

今回は、サークル活動を通して、映像制作の楽しさに目覚めたS・Kさんにインタビュー!
秋田出身・虫好きなSさんがどんな人柄なのか・どんな就活をして来たのか、探っていきます!

さくっと要点をまとめると
ミカタマンアイコンよろしくお願いします!まず、学生時代の主な活動について教えてください!

サークル活動の一環として、映像制作することを主に頑張っていました。

ミカタマンアイコン 楽しそうですね!もともと、映像制作に興味があったのですか?

全然興味はありませんでした。テレビもどちらかといえばあまり見ていませんでした(笑)
所属していたサークルが、イベントサークルで、様々な活動を行なっていたのですが、たまたま映像制作に関わることになったことがきっかけですね。

sk1成人式で自分たちが作った映像を見守る様子
(大学内に成人を祝うイベント成人式が存在する)

ミカタマンアイコン意外です!(笑)映像制作のどこに惹かれるようになったのですか?

やはり、観客の方が、映像を見ている時の様子を見て、映像制作の面白さを感じました。多い時だと、100人ぐらいの人が見に来てくれていて、観客の反応をみたり、感想を聞いたりすることで、やりがいを感じていました。

ミカタマンアイコン完成したものを見てもらうときの反応が1番嬉しいですよね!映像制作に打ち込んでいたSさんの就活スケジュールについて教えてください!

3年の冬(2月)のインターンから始めました。留学から帰ってきたばかりで、何をすればいいのか全く分かりませんでしたが、映像系の仕事がしたいと考えていたので映像業界のインターンを探して参加していました。2月~3月は、学内説明会・東京での説明会に参加しました。適性検査の勉強もここから始めました。3月~4月は、エントリーシートを書き、選考は4月中旬から始まり、6月下旬に就活を終えました。

ミカタマンアイコンお疲れ様でした。就活で1番苦労したことはなんですか?

最初は絶対受かるという自信を持っていましたが、就活のスタートから時間が経てば経つほど、選考で落ちてしまう企業も出て来て、自信がなくなったことです。

ミカタマンアイコン私も、サマーインターンの選考に落ち続けて落ち込んだ時があったのですが、Sさんはどのように克服したのですか?

絶対受かるという自信の根拠は、今までやってきた活動への自負から来ていました。なので、就活中でも課外活動は一切手を抜かず、ついでに就活しているんだという気持ちで臨んでいました。実際に、映像制作を頑張ることで、自信を取り戻せました。面接中の話でも、過去に頑張っていたことではなく、現在進行形で頑張っていることを話すことができたので、より具体的に話すことができました。

ミカタマンアイコン就活に打ち込むことだけが全てではないですね。内定先に決めた1番の理由はなんですか?

確実にプロデューサー・ディレクター職につくことができるからです。ほとんどのテレビ局では総合職とアナウンサー職のみを募集していますが、唯一内定先は職種別で採用しています。自分のやりたいことを確実にできるところに入りたいと思い、内定先に決めました。総合職だと、経理とか総務など、制作に直接的に関わることができない部署に配属される可能性もあるので…

 

sk2大学祭実行委員会露店部でメンバーと議論している様子

ミカタマンアイコンなるほどですね!地方と東京で感じたギャップは何かありますか?

ありました。エンタメ系の会社は東京に集中しているので、東京に行かなければ説明会や選考を受けることができませんでした。

ミカタマンアイコン実際にどのぐらいお金がかかりましたか?

計算したことはないのですが、3月から6月にかけて、毎週東京に行っていたので、15万円以上はかかっていると思います。ただ、選考が進むにつれ、交通費を支給してくれるところもあったので助かりましたね!

ミカタマンアイコンやはり交通費で1番お金使いますよね(>_<)これからどんな社会人になりたいですか?

子供の心を忘れない社会人になりたいです。企画のために何か面白いネタを探すとき、ひょっとして面白いんじゃないかとそれに飛びつく好奇心や、それを面白いと思える感性が重要になってくると思います。大人の価値観にとらわれず、子供のような好奇心と感性を持った社会人が私の理想像です。

 

sk5大好きな昆虫である蛾がいたのでツーショット

ミカタマンアイコン子供心を忘れないために何か工夫していることはありますか?

大人だからこんなことをしたら恥ずかしい、みっともないと思わず、気になったこと、知りたいことを知ろうとすることです。
僕は小さいことから虫が好きです、なぜかはわからないんですけど(笑)
それで、最近道路にバッタがいなくなったなと思うことがあったんです。でもそれは、本当にバッタがいなくなったわけではなく、草むらをかき分ければ今でも絶対にいると思うんです。でも、大人になって変に恥を知ってしまったから、バッタを探そうと思っても、道路で急にしゃがんで草むらをかき分けていたら周りはどう思うだろう、変な人だと思われたらどうしよう、とか色々考えて行動してしまうと思うんです。子供の頃にはできていたことが、大人になってからできなくなってしまったことがたくさんあると思います。
そういうときに、実際に草むらをかき分ける好奇心を持ち続けたいなと思っていますし、実際に不思議に思ったことを見知らぬ人に聞いたりしています。


 

ミカタマンアイコン実際に子供心を忘れないように心がけて、行動にまで移せているSさん、素敵です!昆虫好きは就活で役立ちましたか?

昆虫話のおかげで、内定がもらえたといっても過言ではありません(笑)

ミカタマンアイコンこれからも、子供心を忘れず、頑張ってください!(笑)ちなみに、地元へ戻りたいという気持ちはありますか?

あります。自分を育ててくれた秋田県に恩返しをしたいからです。将来、秋田が盛り上がるような面白い企画をできたらと思っています。

 

sk3故郷秋田の名物なまはげとの写真

ミカタマンアイコン最後に地方就活生に向けてメッセージをお願いします!

就活は体力的にも精神的にも疲れると思います。へこたれそうな時は、友達に話を聞いてもらって「お前なら絶対いけるよ」と言ってもらってください。その日の夜は、手帳に自分の座右の銘を殴り書きして寝てください。そしたら次の日から頑張れます。最後まで自分に自信を持って就活をしてください。

(ちなみに、Sさんの座右の銘は“圧倒的努力”です。)

<interviewer/writer>:Kin Nae(金沢大学3年)

【S.K.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

S.K.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

 

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です