ビズリーチ内定【愛媛大学18卒M.Mさん】

MM1

名前:(イニシャル)M.M
内定先:株式会社ビズリーチ
大学:愛媛大学教育学部
出身地:徳島県鳴門市
将来の夢:仕事と子育ての両方のスペシャリスト
学生時代の主な活動:ミスコン企画学生団体愛媛コレクション営業代表,就職支援団体エンカレッジ愛媛支部長
就活を始めたときの志望業界:3年6~8月金融、メーカー、秋以降人材、広告
キャッチコピー:選んだ道を正解にする

【地方就活生OBOGインタビュー】

公務員志望からベンチャーへ。

両親からの反対をどのように乗り越えたのか。

仕事と子育てのスペシャリストになる!今回はそんな将来の夢をもつ愛媛大学教育学部のM.Mさんをインタビューします!教師になることを夢見ていた彼女が、どうしてベンチャー企業への就職を決めたのか。一体どんな就活をして行きたのか・どんな人柄なのかを探って行きます。

ざっくりまとめると
ミカタマンアイコンそれではよろしくお願いします!早速質問ですが、M.Mさんは学生時代、どのような活動を行なっていたのですか?

愛媛コレクションという学生だけで運営しているミスコンの立ち上げに関わり、営業代表をしていました。また、エンカレッジという就活支援団体の愛媛支部長をしています。

ミカタマンアイコン営業代表!支部長!すでにキャリアウーマンの匂いがしますね!就活と同時進行で様々なことに取り組んで来られたM.Mさんの、就活スケジュールについて教えてください!

3年夏のサマーインターンから始めました。エントリーを10社以上していたのですが、受かったのは3社のみでした。この時とても悔しい思いをしました。最初は金融、化粧品メーカーを見ていました。8月に大手保険株式会社、POLAの愛媛支店のインターン、アルバイトに参加し、ギャップを感じ路線変更しました。9月ごろにマイナビのインターンに行き、人材広告業界に興味を持つようになりました。そして、地方のミカタ、エンカレッジの方々と出会いました。この辺りから自己分析も進み、エントリーシートを添削していただくようになってインターンの選考突破率が上がりました。1月2月が選考のピークであり、人材広告に限らずアパレルやIT業界など幅広く見ていました。そして3月の初めに第一志望の企業から内定をいただき、4月に承諾し、終了しました。

ミカタマンアイコンお疲れ様でした。最初から民間企業を志望していたのですか?

いいえ。元々は教師になりたいという夢があり、教育学部に入りました。そのため、周囲のほとんどが公務員志望であったため、自分も公務員講座を受講しようと考えていました。しかし、講座を申し込む直前に、公務員の方のお話を聞く機会があり、想像していた公務員の仕事と違う!と感じ、民間就職に切り替えました。

MM3

ミカタマンアイコンなるほど、そこで、東京就職を始めたということですね!

それも違うんです!最初は、中・四(※中国・四国地方の略)での就職を考えていたので、夏のインターンも、中・四で行われるものに参加していました。しかし、「サムライカレー」という2週間の海外インターンに参加して、東京の学生と出会い、東京の面白さを感じ、東京就活を考えるように…

ミカタマンアイコンちょ、ちょっと待ってください、サムライカレー気になりすぎて話入ってこないです。(笑)ちょっとググっていいですか?あ、これですね!?



ミカタマンアイコンうわ、めっちゃ気になる、なにこれ!でも、サムライカレーでたくさん尺取ると地方のミカタの社員さんに怒られそうなので気になる人はHPからチェックしてみてください。こちらからチェック⇒サムライカレー
すみません、M.Mさん続きをお願いします。


・・・。その後、とりあえず東京に1週間ぐらい滞在して、いろんな会社を見てみようと思いました。そして、東京でいろんな会社や社会人と出会って、東京での就活を決意しました。秋は、東京でのインターンがメインでしたね。

ミカタマンアイコンなるほど、、今の話を総括すると、サムライカレーの参加で東京の様々な学生と出会い、就活に対する考え方が変わったということですね!?

誇張しすぎな感じもしますが、概ね合ってます。


MM2
ミカタマンアイコンありがとうございます。東京で就活をしていて、地方とのギャップを感じたことはありましたか?

ありました。早期から就職活動をしていう人の数が圧倒的に東京の方が多く、焦りました。また情報量、イベントの数も違いました。

ミカタマンアイコンそうですよね。やはり早期から就活を始める学生は断然東京の方が多いですよね… M.Mさんが感じる、就活で1番苦労したことは何ですか?

内定承諾を決意することです。ベンチャー企業に就職することになったのですが、当初は親から反対されていました。やりたいこと、文化、考え方、全てマッチした企業で自分自身納得はいっていたのですが、親や親戚から認められたいという気持ちが強く、大手企業の内定を承諾するか迷っていました。しかし、様々な方に相談し、もう一度深く自己分析を手伝っていただくことで軸が明確になり、承認欲求よりも自己実現欲求の方が強くなり、ベンチャー企業に内定承諾しました。

ミカタマンアイコン承認欲求よりも、自己実現欲求・・・かっこいいので、今後使わせていただきます(笑)M.Mさんが、これから具体的に実現したいことを教えてください。

とても漠然としているのですが、学校と社会を繋げるサービスを作りたいと思っています。もっと中学・高校の頃から社会について知ることができる仕組みやサービスが必要だと感じているからです。中学生・高校生にとって身近な社会人って、両親や先生ぐらいだと思います。そんな狭い情報や視野の中から、将来を選択することってすごく勿体無いことだと感じています。実際、私も高校の時に身近な社会人である学校の先生の姿を見て、教師になろうと思い、教育学部に入学しました。しかし、実際に勉強してみると、ギャップを感じることが多くありました。そんな自分の体験もあって、中学や高校の頃から、社会について知り、視野を広く持って将来に関する自己選択をしてほしいという思いが生まれました。

ミカタマンアイコン 確かに、中学や高校の頃って、何となくで決めてしまうことも多いですよね。M.Mさんの夢にすごく共感しました。ちなみに、ご両親をどうやって説得したのですか?

どうして自分がビズリーチに行きたいのかを、めっっちゃ詳しく、熱意を持って何度も何度も話すことで納得してもらいました。ベンチャー企業に対して、否定的なイメージを持っていた両親ですが、私の熱意を感じ取ってくれて、納得してもらいました。

ミカタマンアイコンそれは良かったです!ちなみに、内定先に就職を決めた1番の理由は何ですか?

企業理念に共感したことです。特に「Work Hard,Play SUPER hard」ー仕事も遊びも一切手を抜かず、何事にも全力でやりきるのがビズリーチ流。どんなことでもエンターテイメントに変えて、目の前のことを、一生懸命楽しもう。そして何よりも、仲間と力を合わせて、世の中をもっともっと面白くしていこう。ーという考え方にワクワクを感じました。
また、元々ワークライフバランスという考え方が好きではなく、仕事も楽しめばもっと人生楽しくなるじゃん!という考え方でした。そしてビズリーチには同じような考え方を持った人が多く、かつ仕事内容が今1番やりたいことに繋がっているので、ここに決めました。他にも今のビズリーチの勢いであったり、南社長の元で働きたいという気持ちであったり、メガベンチャーになりつつあるのに、新卒と1対1で向き合い、大切にしてくださるところであったり、様々あります。まだ入社していないのですが、現在は社員の方がメンターとして私のエンカレッジの活動をサポートしてくださっています。内定者も本当に魅力的な人達ばかりで、刺激をもらってます。
もう既に、愛して止まない会社です。(笑)

ミカタマンアイコン仕事も遊びも手を抜かない、まさにM.Mさんにぴったりの企業ですね!ちなみに、どんな社会人になりたいですか?

さまざまなスキルを身につけている、いわゆるゼネラリストになりたいです。どこへ行っても必要とされる存在になるために、自らの市場価値を上げ続けたいです。

ミカタマンアイコンかっこいいです。最後に地方就活生にメッセージをお願いします!

「とにかく足を運ぶこと」が重要です。そして同時に、先輩や友達、社会人と話して自己分析を徹底的にすることが大事です。私は、この2つのことをサイクルすることで、自分のやりたいことであったり、マッチしている業界、会社がおのずと出てきました。
また、「就活=内定をゴールとする」のではなく、「就活=自分の将来をじっくりと見つめる時間」だと捉え、自分と向き合ってほしいです。苦しい時、迷走する時は必ず出てくると思うのですが、この時間は本当に大切な時間だったと今になって思います。就活は私にとって、自分を大きく変えてくれた素晴らしい思い出となりました。なので諦めずに自分に向き合ってほしいです。

<interviewer/writer>:Kin Nae(金沢大学3年)

【M.M.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

M.M.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①