ネオキャリア内定【沖縄国際大学18卒K.S.さん】

ks3_960×500

名前:(イニシャル)K.S
内定先:株式会社ネオキャリア
大学:沖縄国際大学経済学部
出身地:沖縄県
将来の夢:親孝行
学生時代の主な活動:アルバイト
就活をはじめたときの志望業界:飲食、不動産、IT、人材等幅広く見ていた。
キャッチコピー:塵も積もれば山となる

【地方就活生OBOGインタビュー】

「やりたいことを思いっきりやっている姿を見てもらうこと」

それが一番の親孝行

今回は将来の夢に親孝行を掲げる沖縄国際大学のK.Sさんにインタビューを行います。自分が何をやりたいのかわからなかった彼が、沖縄の就活状況を見て、周りの友人を見て、芽生えた想いは何なのか。一体どんな就活を行ってきたのか、どんな人柄なのかを探っていきます。

ざっくりとまとめると

 

ミカタマンアイコンよろしくお願いします!まずは、就活スケジュールについてお願いします。

2年の春休みに就活を意識して、沖縄県が行っている事業のインターンに参加しました。そこから3年の夏休みは、その県の事業のインターンでサポートメンバー、友人に誘われて会社訪問などを行っていました。本格的に就活を意識したのは、3年冬のインターンからです。そこでESを作りながら、インターンに参加していきました。3月と4月は東京で就活を行い、人材業界を中心に説明会に参加し、4月下旬に就活を終了しました。

ミカタマンアイコンなるほど、人材業界に絞っていくきっかけ等はありますか?

人のキャリアや、夢の形成に携わりたいという想いが芽生えたからです。最初は自分のやりたいことがわからなかったので、自分がどういったところに興味があるのかを知るために、とりあえず興味をもった企業のインターンシップに行くようにしていました。色んな企業が集結する合説では、共通して人材系の企業に興味をもっている自分がいました。なんでかなと考えたときに、自分の周りの多くの人は、やりたいことや夢をもっていなかったり、諦めてしまっている人が多く、そのような人々が夢を持って、頑張っていく過程に携わりたいという想いがあったからです。

ミカタマンアイコン1人でも多くのひとが夢をもって、活き活きと生きていって欲しいですね!就活をしていく中で感じた、地方と東京のギャップは何かありますか?

就活イベントの数や就活を支援してくれるところの多さに驚きました。
沖縄では、就活支援(新卒紹介など)を行っている企業などは非常に少ないという点でもギャップを感じましたし、価値のあるセミナーも沖縄での開催は行われず、福岡までしか来てくれないんだなと問題意識を持つようになりました。しかし、企業側からすると、移動のコストがかかり、優秀な学生が集まるという確証がない地域で、イベントを開こうと思わない気持ちも理解できるので、とても複雑です…(苦笑)

 

ks2今所属している就活支援団体NPO法人エンカレッジ沖縄支部メンバー

ミカタマンアイコン就活のしくじりエピソードは何かありますか?

ダブルブッキングをしてしまったことです。実は、冬のインターンに参加した企業の人事にものすごい気に入られていて、3月の情報解禁後に、沖縄で説明会を開いてくれたんですよ。三月は東京にいたので、沖縄の説明会には参加せず、東京で開催されている説明会に申し込んだんですが、その説明会をダブルブッキングしてしまいました。(汗)その時はGoogleカレンダーとスケジュール帳の二つでスケジュールを管理していましたが、その説明会はスケジュール帳の方にだけ書いていたんですね。もう一方には書いていなかったので、ダブルブッキングしてしまいました。現在はGoogleカレンダーだけでスケジュール管理しています(笑)

ミカタマンアイコン気を抜くと起こりがちなミスですね( ;´Д`)気を付けます…就活をしていく上で一番の苦労は何ですか。

一番苦労したのは時間管理です。
3月は毎日3社ほど説明会か選考が組まれているのが普通だったので、選考などの振り返りの時間や翌日説明会に行く企業のことを調べたりととても大変でした。

ミカタマンアイコンどのような方法で打破しましたか?

まず1日24時間どのぐらい自分に自由な時間があるかを計算しました。
すると、説明会前の待ち時間で選考の振り返りの時間に回すことができたり、寝る前のSNSを見る時間を翌日の説明会に行く企業のことを調べる時間にできたりと、難なくできるようになりました。

 

ミカタマンアイコンスキマ時間の有効活用、見習わせていただきます!!ところで、多くの後輩就活生が気になる就活の費用ですが、日本最南端の沖縄県からだとどのくらいかかりましたか?

そうですね、大体トータルで30万円くらいです。中でも交通費の占める割合が大きいです。3月は東京の友達の家、4月は就活シェアハウスを利用してコストを抑えていました。

ミカタマンアイコン結構高額ですね、私含め皆さんこつこつ貯金しましょう。(笑)次に、内定先に決めた一番の理由を教えて下さい!


他の企業と違って、愛を感じたからです。
私の内定先は、18卒の募集人数は450人を予定しているんです。その中で、「次の選考頑張ってね」と電話してくれたり、最終選考前に五回も面談している友人などを見て、募集人数集めるのに大変なはずなのに、ここまで時間を割いてくれる企業はいないと思いました。こういう人間性の成長が、この企業の魅力であると感じ、私の将来の夢である親孝行には必要と考え、決めました。他にも、ネオキャリアで勤めていた方から話を聞き、面接に挑みました。面接でその方の名前を出したんですけど、面接が終わると電話で、「こんな子が来てたよ」と報告していたらしいです。さすがにそこまでするのには驚きましたね。

 

ks1企画した就活イベントを大学の講義時間に宣伝している様子


ミカタマンアイコンすごく温かい企業ですね!ところで、将来の夢は親孝行とおっしゃっていましたが、K.Sさんが考える親孝行とは何ですか?

自分がやりたいことを思いっきりやって、楽しんでいる様子を親に見せることがベストな親孝行だと考えています。

ミカタマンアイコン すごく素敵だと思います!!ちなみに、これからどんな社会人になりたいですか。

仕事を楽しめる社会人になりたいです。やはり、他県よりも新卒入社三年以内の離職率が高かったりと働くことにマイナスなイメージを持っている沖縄を企業側から変えたいという想いがあるので、まずは入社して社会がどんだけ厳しいのか不安な自分から変わりたいです。(笑)

ミカタマンアイコンぜひ沖縄を変えてください!応援しています!!最後に地方就活生にメッセージをお願いします。

地方は弱みではなく、強みです。自分の視点からしたら弱みに見えますが、都内の学生からしたら覚えられやすいなど強みになっています。なのでネガティブにならずに就活を行ってください!過去や地方学生であることは変えられないので、まずは自分を認めたうえでどのような行動をしていくかを考えてみてください!また、変な遠慮はせずに、頼れる人には頼ることをお勧めします!特に自己分析等は自分1人で行うより、客観的に自分を見ることができたり、多様な考え方に触れるきっかけになると思います。みなさんが納得のいく決断ができること願っています!

<interviewer/writer>:Nakagawa Mizuki(弘前大学3年)

【K.S.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

K.S.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①