リクルートスタッフィング内定【新潟大学18卒K.M.さん】

km2

名前(イニシャル):K.M
内定先:リクルートスタッフィング
大学:新潟大学経済学部
将来の夢:綺麗なお嫁さんと結婚すること
学生時代の主な活動:編入学、留学、ゼミ活動
就活を始めたときの志望業界:IT
キャッチコピー:脱力感

【地方就活生OBOGインタビュー】

みんなから応援してもらえるような人になる

今回はキャッチコピーは脱力感だと話すK.Mさんをインタビューします。様々な経験をしてきた彼は、一体どんな就活を行ってきたのか、どんな人柄なのかを探っていきます。

さくっと要点をまとめると
ミカタマンアイコンよろしくお願いします!まずキャッチコピーの脱力感が気になっているのですが、どうゆう意味なのですか?

自分の中では普段通りという意味が込められています。張り切って空回りすることを避けたかったので、就活中は特にいつも通りの自分を心掛けよう!と思って、この言葉をキャッチコピーにしていました。

 

ミカタマンアイコン 想像以上に深い意味が込められていて、驚きました!では次に、学生時代の活動を教えて下さい。

学生時代はやりたいことをひたすらやりました。1年生のときはミスコンの運営、学びたい科目を見つけたので、2年生のときは勉強、3年生のときに編入学しました。その後はゼミ活動や1年間の長期留学などを行っていました。

 

km3ゼミの同期とビジネスコンテストで入賞したときの写真


ミカタマンアイコン興味深い経歴ですね!どんなことを学びに長期留学に行ったのですか?

海外で頑張った経験が欲しい、英語を上達させたいという想いをもって行きました。短期留学で行った台湾では、学生がすごく英語が上手くて、カルチャーショックを受けました。私ももっと話せるようになりたいという想いがきっかけでした。

ミカタマンアイコンなるほど、実際に向こうではどんなことを行ってきたのですか?

学校に通った後は、海外の会社でインターンシップを行ってきました。しかも、現地で履歴書を書き、受け入れてくれる企業を自分で探しました。60社近くに履歴書を送付したのですが、ほとんどが門前払いでした。中には、面接を行ってくれる企業もありましたが、やはり言葉が原因で、落とされましたね。

 

km4留学先の現地企業でインターンしてた時の写真

ミカタマンアイコンきつかったですね…。その状況をどう打破したのですか?

自分の強みを探しました。外国という環境での自分の強みは、日本語がネイティブであることでした。このことに気づいてからは、強みを生かせるような業種を中心に探して、結果留学を斡旋している会社でのインターンシップが決まりました。

ミカタマンアイコン​PDCAを回していたのですね!これまでの学生時代の活動を就活に活かせましたか?

そうですね。一番は就活においての自分の軸の形成に活かせました。就活においての自分の軸は、「自分がやりたいことをやらせてくれるところ」でした。これまでの活動を経て、やっぱり自分がやりたいと思うことをやることが一番活き活きできるし、成長できるということがわかったからです。

ミカタマンアイコン説得力が違いますね!その軸を元に内定先を決めた一番の理由はなんですか?

個人に対する裁量権が多いところですね。高いレベルで目的意識を持って行動したい自分にとって、
選考を進めていく中で内定先が一番フィットする感覚を得られたからです。



ミカタマンアイコンありがとうございます。就活はどのようなスケジュールで行いましたか。

インターン経験などはほぼ無かったので、留学から帰国後の2月1日から始めました。最初は何をしていいか分からなかったので、とりあえず参加できるイベントは何でも参加して2月中に就活の概要を把握。3月は自分に足りないと思った面接経験を積むためにベンチャー企業に15社ほど応募してひたすら面接に行きました。3月末に内定を複数いただいたので、4~5月は一旦止めて新潟に戻って大手企業を受ける準備をし、6月1日の解禁からは東京に出てきて大手に絞って受けていました。最終的に6月中旬に第一志望の内定をもらい終了しました。

 

km1就活カフェで就活を始めた頃の写真

ミカタマンアイコンお疲れ様でした!就活中のしくじりエピソードはありますか?

ある会社の役員面接が服装自由だったので、Tシャツ着てラフな格好で受けに行ったら周り全員スーツだったのでめっちゃ浮きました。

ミカタマンアイコン一気に覚えてもらえますね!服装自由と聞くと戸惑う学生が多いと思うのですが、何かアドバイスはありますか。

やはりTPOをわきまえることですかね。身だしなみに気を遣う業界ならピシッとした格好で、そうじゃなかったら、それなりのラフな格好にするとか…。けれどもスーツを着て間違いという場はあまりないと思うので、迷ったらスーツが一番いいかもしれないです。

ミカタマンアイコンありがとうございます。就活中一番の苦労は何ですか?

長距離の移動ですね。就活を理由に大学の講義を休みたくなかったので、新潟〜東京間を1週間で4往復したこともありました。お金がとてもかかることも分かっていたので、交通費が支給される役員面接まで通過するよう、毎回とても集中して面接を受けてましたね。だから、いつも移動中は爆睡でした。

ミカタマンアイコン面接を頑張る景気づけにもなり、一石二鳥ですね!K.Mさんはこれからどんな大人になりたいですか?

みんなから応援してもらえるような社会人になりたいです。喜んで力を貸してくれるような人になりたいし、自分も協力したいです。

ミカタマンアイコンそうした大人になるために何か心掛けていることはありますか?

多くの人と打ち解けようとしています。元々人見知りする方ではないので、自分から話しかけにいくなどしています。やりたいことをやるには1人では限度があるので、自分もできる限り手助けをしたいし、手を貸したいと思ってもらえるような人になりたいです。

ミカタマンアイコン最後に地方就活生に向けたメッセージをお願いします!!

就活してみて、地方とか首都圏とか、学歴とかは全然関係無いなって感じました。特に学歴を気にしているのは学生だけで、企業の方は個人をちゃんと見てくれています。大事なのは、これまで何をやってきたかだと思います。就活っていろんな社会人の話を聞けて、友達も増えて、めっちゃ楽しいです。何か困ったら連絡ください。

<interviewer/writer>:Nakagawa Mizuki(弘前大学3年)

【K.M.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

K.M.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①