サイバーエージェント内定【新潟県立大学18卒I.S.さん】

is-2-4

名前(イニシャル):I.S
内定先:サイバーエージェント
大学:新潟県立大学国際地域学部
出身地:新潟県
学生時代の主な活動:アルバイト、アメリカ留学、アルコールメーカーでの長期インターン、広告の勉強会
将来の夢:仕事をバリバリこなすキャリアウーマンママ
キャッチコピー:思い立ったが吉日、食わず嫌いしない
おすすめの本:採用基準、教養バカ、伝わっているか?

【地方就活生OBOGインタビュー】

新潟を、発信。まずは最先端の東京で

今回はバリバリのキャリアウーマンママを目指しながら、地元の愛郷心が強いというギャップを持つ新潟県立大学のI.Sさんをインタビューします。あえて東京の企業を選択したのはなぜなのか。どんな就活をしてきたのか、どんな人柄なのかを探っていきます。

さくっと要点をまとめると

ミカタマンアイコンよろしくお願いします!まず就活スケジュールについて教えて下さい。

3年の春に留学帰国後、TOEICの点数を取得したり、インターンについて調べ始めました。サマーインターンは力不足でほとんど受からず、地方のミカタ就活合宿参加後、東京のベンチャー企業で長期インターンを決意し、三年後期はずっと営業のインターンをしていました。1月後半から就活エージェントを使いつつ、企業の規模感問わず業界を絞り本格的に就活を始め、3月の後半には終了しました。

 

ミカタマンアイコン 地方のミカタの合宿に参加されていたのですね!東京のベンチャー企業でインターンを決意したきっかけはありますか?


合宿を終えて、自分の力不足を痛感していたときに、地方のミカタの社員のSさんから、東京でのインターンを勧められたことがきっかけです。その時はすんなりと提案を受け入れました。決めたら即行動するタイプだったので、すぐに長期インターンを探し始めました。

 

is-2-1留学先、アメリカでのインターン先で。
カルチャルフェスタというイベントの企画運営サポート

ミカタマンアイコン Sさんのアドバイスがきっかけだったとは!インターンシップをやってみてどうでしたか。

営業を行っていたので、商品を売ることが仕事なのですが、その中で商品の伝え方の大切さや面白さを学びました。インターンシップを行っている時に、取り扱っている商品を雑誌に掲載する機会がありました。掲載した後の売り上げの反響が大きくて、その時PRのチカラってこんなに凄いんだということを実感しました。そこから伝えることの面白さに気づき始めましたね。

ミカタマンアイコン なるほど、それがきっかけで広告の勉強会にも参加したのですか?


最初は友達に誘われたのがきっかけです。勉強会では、パッケージやブランディングで顧客に訴えかけることの可能性や影響の大きさを学んで、さらに広告の凄さに魅了されました。

ミカタマンアイコンインターンシップがきっかけで新たな業界に目を向け始めたのですね!次に、内定先に決めた一番の理由はなんですか?

3つあります。まず内定先には、幅広いサービスを提供するITの豊富なノウハウがあるので、それを学び活用しながら、いつか私がやりたい地元の魅力を発信することを実現できそうと思ったからです。2つめは会社の雰囲気が合っていそうと直感で感じたからです。3つめは、仕事も子育ても両方とも頑張れる環境が整っているので、女性としても活躍できそうと思ったからです。

 

is-2-3東京での長期インターン先の社員さん、先輩方に送別会をしてもらった時の写真。とても楽しい職場でした!

ミカタマンアイコン内定先は女性が働きやすい環境を積極的に提供していますもんね!I.Sさんが就活においてゆずれない軸は何ですか?

将来の夢に関連していますが、やはり女性として結婚して家庭をもちたいし、それでなお働き続けたいと考えています。だから、若いうちから色んなことに挑戦して、チカラをつけていけるような環境を重視して選択していました。

 

ミカタマンアイコンぜひ、誰もが憧れるバリバリのキャリアウーマンママになって下さい!! 先ほどおっしゃっていましたが、Sさんは地元ラブなのですか?

地元新潟の魅力を伝える仕事がしたいです。地元新潟は、たくさんの魅力があるのですが、うまく外に伝わっていないように感じます。逆に考えると、まだまだ伸びしろがある誇れる地元です!海外留学時、東京での長期インターン時など、外に出た際にうまく魅力を表現できず悔しい思いを何度もしたので、新潟の、特に私の地元の魅力を発信したり、増幅することに将来関われていたら嬉しいと思っています。

ミカタマンアイコンずっとバリバリ都会の女性のイメージだったので、正直、地元志向で驚きました(笑) あえて東京の企業に就職することを選んだのはなぜですか?

一旦外から新潟を客観視したいと思ったのと、自分のチカラをつけたいと考えたからです。これまで新潟はそれなりの知名度があると思っていたのですが、外で活動してみて、全然知られていないことがわかり、悔しい、なんとかしたいと強く感じました。内から魅力を伝えることもいいと思いますが、私はまずは自分が外に出て、多くの価値観に触れ、新しい視点から新潟を見ようと思いました。また、地域の魅力を一番ダイレクトに伝えられるのは直接現地に行くことだと思うのですが、距離の問題があって、気軽に足を運ぶのは難しいです。その距離を埋める最適な手段がIT、Webだと考えているので、まずは最先端の東京でITを使った広告、魅力の伝え方を学び、いつか自分の学びを新潟に還元できたらいいなと思っています。

 

is-2-5大学1年〜2年生の頃
新潟美少女図鑑というフリーペーパーのモデル時代

 

ミカタマンアイコンかっこいい考え方ですね!!ぜひI.Sさんのチカラで新潟を盛り上げて下さい!I.Sさんは将来どんな大人になりたいですか。

周囲をいい方向に巻き込んでいける、頼り甲斐のある社会人、いつまでも夢を忘れない人になりたいです。

ミカタマンアイコンありがとうございます!最後に地方就活生に向けてメッセージをお願いします!

時間とお金の使い方に苦労しました。東京に行くだけで時間もお金もかかるので、計画性を大切にしていました。また、就活生同士で情報を共有して便利なサービスなどを活用するようにしていました。

<interviewer/writer>:Nakagawa Mizuki(弘前大学3年)

【I.S.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

I.S.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。

就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です