大手通信キャリア内定【新潟大学18卒I.R.さん】

ir1

名前(イニシャル):I.R.
内定先:大手通信キャリア
大学:新潟大学経済学部
出身地:新潟県
将来の夢:海外でゆったり余生を暮らすこと
学生時代の主な活動:部活動、海外留学、各種課外活動参加
就活を始めたときの志望業界:商社、海運
キャッチコピー:人がやらない・やれないことにこそ価値がある。
 

【地方就活生OBOGインタビュー】

納得したい、献身的になりたい、モヤモヤ感からの脱却。

今回は、中国が大好きな新潟大学のI.R.さんをインタビューします。就活を始めた当初、金融系志望だった彼が決めた最終的な内定先は、「大手通信キャリア」。どんな就活をしてきたのか・どんな人柄なのかを探っていきます。

ミカタマンアイコンまず、就活のスケジュール感を教えてください

3年の夏のサマーインターンから始めました。最初は、自分の興味のある3つほどの業界に決め撃ちをしてひたすらにエントリーをしていきました。その一方で様々な社会人に会い、話を聞いてもらう機会を上手く作って自分の考えを磨いていきました。そこから10月くらいからエントリーシートを徐々に作り始めました。3月には説明会に業界関わらず70社程度は参加し、6月の上旬には就活を終了しました。

ミカタマンアイコン70社!すごいですね。。。そこで地方と東京で感じたギャップはありますか?

都内の学生はフランクにゼミやサークル・部活動の先輩など通じて、早期にOBOG訪問を行っているなど、すごく経験値が高くて、就活開始時は圧倒されていました。

ミカタマンアイコン 就活しくじりエピソード教えてください。

初めての面接で緊張しすぎて、滴ってくるくらい汗をかいてしまいました笑
面接中、全身汗びっしょりで上手く受け答えできなかった記憶があります。

 

is3
 

ミカタマンアイコンすごい緊張が伝わるしくじりエピソードですね。就活での一番の苦労はなんですか?

都内の有名大学の学生が普通にやれることが出来ないこと。

(例.希望している企業に、新潟大学からのOBOGがいなかったこと

ミカタマンアイコンまたそれをどのように打破しましたか?

自分で動いてチャンスを作りました。具体的には他大学の友人の先輩を紹介してもらったり、インターンシップを通して仲良くなった都内の学生の繋がりで情報を集めたりしながら、自分から動くようにしていました。

ミカタマンアイコン内定先に決めた一番の理由はなんですか?

業務内容や進行しているプロジェクトに心がワクワクしたから。そして、会社の雰囲気が私に近かったからです。

ミカタマンアイコン会社の雰囲気…具体的にどう近かったのですか?

古い考えかもしれないが、この会社はずっと昔から「社会のあたりまえ」を作りながら、社会に力を与え続けていきながら、自信をつけてきた会社です。私はすごい頑固な性格で、一度信じたものはずっと信じていきたい人間で、常に献身的でありたい、役に立ちたい。その感謝の積み重ねがモチベーションの源泉となります。

 

 


ミカタマンアイコン  感謝の積み重ね。すごい素敵な言葉ですね。ちなみにこれからどんな社会人になりたいですか? 

自分よりも人の為に一生懸命になれる社会人です。

ミカタマンアイコン  ありがとうございます。最後に、地方就活生にメッセージをお願いします

就活を始めた頃は、地方学生という点はマイナスだと思ってました。しかし、選考が進むにつれて地方学生という点を上手くアピールポイントに変える方法を知り、選考が順調に進むようになりました。経歴が華やかではない私でも、都内の学生に負けない就活が出来たので、皆さんもしっかり準備して後悔ないように頑張ってください!

【I.R.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

I.R.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



 

*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。


就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①