オールアバウト内定【弘前大学18卒F.Kさん】

fk1

名前:(イニシャル)F.K
内定先:株式会社オールアバウト
大学:弘前大学人文学部
出身地:北海道
将来の夢:世界に轟くメロンパン屋の経営
学生時代の主な活動:日本、海外でのインターンシップ、短期留学、ゼミ活動
就活を始めたときの志望業界:人材、教育
キャッチコピー:苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし

【地方就活生OBOGインタビュー】

すべては人から、自分の器は他人が大きくしてくれる。

今日は、将来の夢は大好きなメロンパン屋さんを開くことだと話す弘前大学のK.Fさんをインタビューします。パン屋さんを目指す彼がファーストキャリアとして選んだのは自社メディアを持つIT系企業。なぜ、その選択をしたのか、彼の人を想う優しさが関わってきます。

ミカタマンアイコンよろしくお願いします!はじめに、就活を始めたときに人材と教育業界を志望したのはなぜですか。

漠然とですが、日本人にもっと余裕をもって生活してほしいと思ったからです。人材業界を志望したのは、自分を介して、当事者に合った金銭的余裕が持てる仕事を斡旋したいと思ったから。教育業界を志望したのは、子供が凝り固まった大人の価値観に染まってしまう前に、もっと沢山の価値観があることを伝えたいと思ったからです。沢山のレールを提示した後に、子供自身が考えてどうゆう人生を歩むかを決めてほしいと考えています。

ミカタマンアイコン人に関わりたいと考えていたのですね。就活はどのようなスケジュールで進めましたか?

3年の夏から始めました。海外インターンで自分のやりたいことに向かって必死で頑張っている他大学生に刺激を受け、物事の捉え方を自分軸に切り替えました。夏休み後は、多くの志望業界の社会人と会い、話しを聞くために積極的に東京に足を運びました。それと並行して、業界分析や自己分析を行っていました。1月後半から短期留学に行っていたため、本格的に就活を始めたのは、帰国した3月からです。そこから、ESや面接対策を始め、地方のミカタが主催する就活カーニバルで出会った企業さんから内定をいただき、5月末に就活を終了しました。

ミカタマンアイコンお疲れ様でした!就活をしていく中で、地方と東京で感じたギャップはありますか。

2つあります。1つは、東京には地方では知りえないような知識、出会えないような人たち、学べないようなスキルなどを習得できる様々な学びの場が沢山用意されていることです。もう1つは、自発的行動力の差です。毎日を漫然と過ごしている地方学生に比べ、都会の学生は、自分の将来に向けて前向きに活動している人が多かったように感じます。

fk2
ミカタマンアイコン 日常(漫然としている環境)に飲み込まれないようにとっていた対策などはありますか。

やりたいことに前向きに取り組んでいる熱い気持ちを持っている人に沢山会うことです。そういった方々にお会いすることで、毎回「自分も頑張らないと!」と気持ちを奮い立たされましたね。また、イベント等で知り合った就活仲間とFacebook等で繋がっていたので、仲間の今の活動を知ることができ、そこからも多くの刺激をもらっていました。

ミカタマンアイコン 直接会うことが難しい仲間とSNSを通じて気持ちを高められるのはいいですね。就活でしくじった経験は何かありますか?

最終面接に1時間遅刻したことです。前の企業の面接時間が押してしまい、また次の企業の会場が遠かったので、移動に時間がかかりました。社長さんを1時間待たせるというとんでもないことをしてしまいました。

ミカタマンアイコン …余裕をもって行動しましょう(苦笑) 就活での一番の苦労はなんですか。

自分の将来像が全く想像できなかったことです。将来どんな会社に勤務したいのか、どんな大人でありたいのか、全く想像することが出来ませんでした。

ミカタマンアイコンそれをどのようにして克服しましたか?

5、10年後の将来なんてわかるわけないと開き直りました。将来を考えるのではなく、『今』を徹底的に考えることにしました。全身全霊をかけて自分が今やりたいことは何か?これを自分の就職活動の軸にしていました。

fk3
ミカタマンアイコン なるほど…内定先に決めた一番の理由は何ですか? 

人の価値観を広げることができると思ったからです。

ミカタマンアイコン 人の価値観を広げる…内定先とどう結びついているのですか。

就活をしていく中で自分が今やりたいことは「人の価値観を広げる」ことだと気づきました。私の経験から、人が成長して自分自身の人生を歩くためには、色々な人に出会い、その人それぞれの価値観に触れ、自分オンリーのレールを見つけることが重要であると感じています。内定を頂いた会社は、ITというツールを用いて、受け手の場所や年齢を問わず、信頼できる多くの情報を提供しています。この会社に携わることで、沢山の人にこんなに多くの価値観があるんだということを知らせることができ、最終的に自分がやりたいと思っている沢山の価値観を踏まえたうえで、自分のレールを見つけることの手助けすることができると思い入社を決めました。

ミカタマンアイコン  素敵です!ちなみにこれからどんな社会人になりたいですか?

毎日を楽しめる社会人になりたいです。自分がやりたいことをやっているときってすごく充実していて、楽しむことで過ごせると思うので、毎日充実しているなあと感じることができるような生活を送りたいです。

ミカタマンアイコン  最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

2つあります。1つは「地方」を武器に頑張ってください!
一見「地方」は大きなハンデに思います。しかし面接やOB・OG訪問などで地方から来た!って言うとほとんど好感触です。距離的格差を物ともせずに行動する姿勢を評価されるからです。確かに時間的、金銭的なハンデはありますが工夫次第で克服できます。
2つ目は「人との繋がり」を大切にしてください。
人が成長する為には必ず他の人が絡んで来ます。
「自分の器は他人が大きくしてくれる」この言葉を自分は大切にしています。就活でも同じです。東京就活をしている周りの仲間、OBOG訪問で出会った社会人の方。色んな人に会ってください。自分の価値はどれだけ多くの人に出会って来たか?で決まると自分は思っているので積極的に人脈を広げて欲しいです。

<interviewer/writer>:Nakagawa Mizuki(弘前大学3年)

【F.K.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

F.K.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の連絡先に直接コンタクトをお願いします。

対応可能な連絡先:



 

*OBOGの方はボランティアでの協力のため、常識をもった言動をお願いいたします。


就活シェアハウスは

就活シェアハウスは①