(株)ブイキューブ内定【2017卒M.Yさん】

morita1
名前(イニシャル):M.Y.
内定先:
大学:北海道大学文学部
出身地:群馬県
将来の夢:自由気ままに生きる
学生時代の主な活動:サークル(バスケットボール)、旅
就活を始めたときの志望業界:旅行、航空
座右の銘:無為自然
おすすめの本:「ブレイブ・ストーリー」宮部みゆき

morita2
morita3
 

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

3年前期の学内セミナーやサマーインターンの説明会から始めました。
サマーインターンでは不動産や金融、
コンサルなど様々な業界のインターンに参加しました。
また、地理的な面からいうと東京と北海道の両方でインターンに参加しました。
秋以降は、就活イベントに参加する、キャリアや社会情勢に関する本を読む、
先輩に就職活動の話を聞くなど様々な方法で就職活動を進めていきました。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

あります。札幌でも就活イベントや説明選考会はありましたが、
数は東京の方がずっと多かったです。
それに加えて、東京では実際にオフィスを訪れることができるので、
自分が働いている姿をより具体的に想像することができました。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?

金銭面です。北海道と東京往復で毎回2万円ほどかかってしまうので大変でした。
(急に予定が入ったときはもっとかかってしまいました)
加えて、東京にいるときも面接合間のカフェ代や毎日の電車代が大きな負担になっていました。
そのため、なるべくアクセスのよいシェアハウスを借り、
長期間東京に滞在することで往復回数や都内での交通費を減らしました。
また、すき間時間はできる限り就活カフェや図書館を利用するようにしました。
さらには、交通費が支給される就活イベントにもよく参加していました。

Q.就活で記憶に残っている思い出があれば教えてください

シェアハウスでの生活です。シェアハウスには2か月いたので、
その間ルームメイトが日々変わってゆき、
その様な環境で生活することはとても新鮮でした。
色々な人がいるんだなと思いました。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

事業が面白いと思ったからです。特に事業を通して、
地方の人々の移動コストや教育格差、
医療格差などの地理的な制約を減らせる点に魅力を感じました。
また、様々な業界や公共団体と取引をしているため、
仕事をする中で社会を幅広く知ることができるという点も魅力に感じました。

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

当たり前のことですが、きちんと価値を生み出せる社会人になりたいです。
そのためにも当事者意識や責任感を常に持って働いていきたいです。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

今の段階で東京での就職に興味がなくても一度は東京に出てきて様々な会社を訪れ、
様々な人と話をしてみてください。
就職活動はもちろん、その後の生活でもきっと役に立つ経験になると思います。
10年後、20年後に後悔しないためにも東京に出てきて自分の人生の選択肢を広げてみて下さい。
同じ地方就活生として応援しています!頑張って下さい!!


【M.Y.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

M.Y.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の繋がりたいお申し込みフォームの送信をお願いします。
弊社から連絡してお繋ぎ致します。
地方のミカタ会員様のみ対象のサービスとなりますので
会員登録がお済でない方は以下URLから事前にご登録をお願いいたします。
費用は一切掛かりません。

http://site.chihounomikata.com/


*OB・OGの方はボランティアでご協力頂いているため、連絡後は常識をもった行動をお願いいたします。
また、スケジュール次第で対応できない場合も多いので予めご了承ください。

<OBOG訪問お申し込みフォーム>

【お名前】 (必須)

【大学名】 (必須)

【卒業年度】 (必須)

【メールアドレス(PCメール推奨)】 (必須)

【OBOG訪問したい方】 (必須)

【ご希望の内容】(必須)
*内容によってはお繋ぎできない場合があります。

 「地方のミカタ」に会員登録済みです。登録がお済でない方は以下のURLからご登録を事前にお願いいたします。
http://site.chihounomikata.com/

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です