(株)みずほフィナンシャルグループ内定【2017卒H.T.さん】

S__2211907
名前(イニシャル):H.T.
内定先:株式会社みずほフィナンシャルグループ
大学:北海道大学 工学部
出身地:北海道
将来の夢:シェアハウスのメンバーとOBOG会をすること
学生時代の主な活動:ヒッチハイク・学生パーティー開催
就活を始めたときの志望業界:コンサル・ITベンチャー
座右の銘:百聞は一見に如かず
おすすめの本:7つの習慣

S__2211905
S__2211904

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

3年の夏に人材業界の企業への
5DAYインターンから始めた。
その後、
1月から逆求人系イベントへの参加、
東京でのITベンチャーの説明会等から
本格的に就職活動を始めた。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

ギャップは感じました。
ベンチャー企業を見ていた自分にとっては、
北海道に同じような仲間を探すのに一苦労したが、
東京ではベンチャー企業を見ている人も一定数いたこと。
また、イベントに参加できる頻度が多い分、
同時期における情報量の差は歴然だと感じた。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?
またそれをどのように打破しましたか?

苦労したことは、自己分析が進まず、
自分の学生時代にカを入れたこと・長所等を
端的に伝えることが出来なかったこと。
一人で東京に出てきたこともあって、
友人がいない中、
自分に問いかけ自己分析するには限界があった。
シェアハウスのメンバーには
同じような悩みを抱えている人も多かったので、
お互い恥じらいをいったん忘れ、
すべてさらけ出しあうことで、
自己分析が深まり、仲も深まった。

Q.就活で記憶に残っている思い出があれば教えてください

面接に遅刻してしまったこと。
志望していた業界の会社だったこともあり、
面接でも誤り粘ったが落ちた。
しかし、面接での粘りは
あの体験があったからこそついたと思う。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

様々な業界を相手にビジネスできること
経営に携わったビジネスが出来ること

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

何事にも信念を曲げずに、
ビジネスパーソンとして
最適な決断をいつでもできる社会人になりたい。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

地方就活生は東京の学生に
比べて情報量で負けているが、
逆にそこを補えば、
地方ということが武器になると思います。
どれだけ行動に移せるかが
勝負の分かれ目だと思うので、
行動力を大事に就職活動を行ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です