全国農業協同組合連合会 内定【2016卒S.Ta.さん】

syu1
名前(イニシャル):S.Ta.
内定先:全農
大学:北海道大学農学院
出身地:兵庫
将来の夢:世界の人が飢えないように食を支えること
学生時代の主な活動:生きていく支援を考えるネットワーク「ここわらねっと」、北大マルシェ
就活を始めたときの志望業界:コンサルティング
座右の銘:活動量なら誰にも負けない。
おすすめの本:ブランディング22の法則
 syu2 syu3
 

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

A. 3年生の時にも就活をしていました。結局大学院に進学しました。就職1年の1月からインターンやベンチャー企業の選考を受け始めました。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

A. 説明会への参加の気軽さは違うと思います。東京の人は少し気になる程度でも参加できますが、地方の人は滞在時間が限られてくるので綿密な計画のもと1日に予定を詰め込んでしまう傾向があると思います。そこから集中力切れや情報の錯綜を僕はギャップとして感じました。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?またそれをどのように打破しましたか?

A. 全農から内定をもらった時に本当に全農で自分の夢が実現できるのか、就活を続けるべきかは悩みました。就活を始めた当初は例えば全農のような大きめの組織では自分の夢や社会のためというよりは、その会社のために働かないといけないというイメージがあったのでコンサルティングやベンチャー企業といった自分の意見が反映されやすそうなところを受けていました。しかし結局それは自分のイメージでしかなく、自分の目標を実現させるのは自分の強さ次第だと考えるようになり、それなら食と農の分野においては大きな力を持っている全農が、自分の強さを持ち続けられれば夢の実現可能性が高くなる企業だとおもって内定を承諾しました。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

A. 食と農の分野において強い力を持っていること。実際に上手くいっているとは言えないそこを支えることが僕の目的なので、その強い力を利用しつつ自分の目的を忘れなければ、目的の実現可能性が高いと考えたから。

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

A. 体力の面でも仕事の面でも毎日、自分のできることを全て出し切ってから寝るような社会人になりたいです。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

A. 交通費とかとにかくお金のことが常に頭の隅にあって、集中できない時やお金の関係で選考や説明会の断念を考える時もあるかもしれません。でも働き出せばそんなお金返せるので、そこらじゅうからかき集めて、本筋に集中して全部出し切って就職活動してください。


【S.Ta.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

S.Ta.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の繋がりたいお申し込みフォームの送信をお願いします。
弊社から連絡してお繋ぎ致します。
地方のミカタ会員様のみ対象のサービスとなりますので
会員登録がお済でない方は以下URLから事前にご登録をお願いいたします。
費用は一切掛かりません。

http://site.chihounomikata.com/


*OB・OGの方はボランティアでご協力頂いているため、連絡後は常識をもった行動をお願いいたします。
また、スケジュール次第で対応できない場合も多いので予めご了承ください。

<OBOG訪問お申し込みフォーム>

【お名前】 (必須)

【大学名】 (必須)

【卒業年度】 (必須)

【メールアドレス(PCメール推奨)】 (必須)

【OBOG訪問したい方】 (必須)

【ご希望の内容】(必須)
*内容によってはお繋ぎできない場合があります。

 「地方のミカタ」に会員登録済みです。登録がお済でない方は以下のURLからご登録を事前にお願いいたします。
http://site.chihounomikata.com/

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です