野村不動産㈱内定【2016卒N.T.さん】

nt1 
名前(イニシャル):N.T.
内定先:野村不動産
大学:九州大学法学部
出身地:福岡
将来の夢:福岡での都市開発
学生時代の主な活動:サークル活動・国際交流
就活を始めたときの志望業界:金融と不動産と地場企業
座右の銘:隣の芝は青い
おすすめの本:マーケティングを学ぶ
nt2 nt3

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

3年夏までは公務員志望だったものの、民間にも興味がある、といった状況だった。「まちづくり」をしてみたいという漠然とした思いを抱いていたところ、デベロッパーという仕事に出合い、急速に就活志向へとシフトしていった。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

やはり、東京の大学に通う学生とは情報量、そして場数が違うというのが率直な印象である。たとえば企業研究セミナーであったり、個別会社説明会であっても、まず参加人数の桁が違うし、質問時間に自分が質問できたことの方が少なかった(逆に福岡の就活生は東京勢に比べて圧倒的に準備不足でかつ余裕を持ちすぎており、例えば質問の時間に自分以外手が上がらない会社説明会も少なくなかった)

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?またそれをどのように打破しましたか?

就活の間、友人と遊ぶ予定もいれにくく(なぜなら就活の予定は直前に、突然入ってくるものなので、フレキシブルに対応できるようにしておかなければならないからである)孤独感を感じた。

数人でもいいので就活仲間を作って、現況や愚痴を言い合える場所を作っておくと非常に安心する。その点で就活シェアハウスは同じ志を持つ仲間を作れる最高の場所だった。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

とにもかくにも、自分がしたいことができる業界の大手企業だったから。また、3月の会社説明会で「この会社は面白い企画をたくさん打ち上げている」「この会社はブランディングが上手だな」と素直に共感できる点があったので、特に迷わず入社を決めた

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

まずは、自分のチームのメンバーにきちんと信頼される人間になりたい。そのために、まずは与えられた役割を完ぺきにこなしたうえで、その仕事にさらに付加価値をつけて他人に恩恵を与えられる人間になりたい。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

地方から東京を目指す就活は、大変です。時間もお金も取られます。でも、同じ意志を持った仲間がきっと見つかります。その仲間は一生ものです。もしかしたらビジネスチャンスすら、いつかそいつらと共有できるかも。


【N.T.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

N.T.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の繋がりたいお申し込みフォームの送信をお願いします。
弊社から連絡してお繋ぎ致します。
地方のミカタ会員様のみ対象のサービスとなりますので
会員登録がお済でない方は以下URLから事前にご登録をお願いいたします。
費用は一切掛かりません。

http://site.chihounomikata.com/


*OB・OGの方はボランティアでご協力頂いているため、連絡後は常識をもった行動をお願いいたします。
また、スケジュール次第で対応できない場合も多いので予めご了承ください。

<OBOG訪問お申し込みフォーム>

【お名前】 (必須)

【大学名】 (必須)

【卒業年度】 (必須)

【メールアドレス(PCメール推奨)】 (必須)

【OBOG訪問したい方】 (必須)

【ご希望の内容】(必須)
*内容によってはお繋ぎできない場合があります。

 「地方のミカタ」に会員登録済みです。登録がお済でない方は以下のURLからご登録を事前にお願いいたします。
http://site.chihounomikata.com/

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です