IT業界内定【2016卒N.S.さん】

ns1 
名前(イニシャル):N.S.
内定先:IT業界
大学:四天王寺大学人社会学部
出身地:奈良県
将来の夢:世界一影響力のある社会起業家
学生時代の主な活動:ダンス・実習・アルバイト・同棲・学部内成績トップ
就活を始めたときの志望業界:広告・IT
座右の銘:生き生きした明日を生きたければ、死ぬ気で今日を生きろ
おすすめの本:テトラポットに花束を
ns2 ns3

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

大学3年の春頃から就活系の学生団体に参加したり、社会福祉系の実習に参加したりなどしイメージを固めていきました。
実習で、福祉業界は旧態依然であり有能な人材に乏しくイノベーションが起きにくいことを理解し一時IT業界での就職を目指していたが、学費を自分で稼ぎながら生活していたため東京に活動場所を置きながら就職活動をするための資金繰りに苦しみ休学しました。
休学中、営業でトップセールスを達成し組織も束ねていた頃、上層部から独立の話をもらい個人事業主として従事しました。
その後、飲食店や不動産などの事業を手掛けたのち、自分が本当にしたい夢のため復学し再度エンジニアとして内定を決めるにいたりました。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

昔と比べると差分は少なくなったと思いますが、大きく感じるギャップとしては挑戦できる環境でしょうか。
地方では就職活動に対する指導者や場所、チャンスが少ないと感じます。
特に自分はIT業界への就職を希望していたのですが、大学の就職課ではそもそもIT業界のことをよく知らない指導員も多く自分の場合はあまり活用できる環境ではありませんでした。
自発的に行動しなければ、自分のしらない所で進路が狭まっていく例だと思います。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?またそれをどのように打破しましたか?

モチベーションの持続です。
当時、特に就職しなくても自分の力で生きていけるという自意識があり、天狗になって失礼な部分を潜在的に持っており、少しでも違和感を感じるとコミットせずに逃げてしまっていました。
解決策として、自分の場合は一緒に就活を戦える仲間を作り逃げずにお互いを切磋琢磨できる環境を作りました。
結果、モチベーションを常に維持することができIT業界のなかでも営業ではなくエンジニア職として内定をいただくことができました。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

エンジニアとしての自分を評価していただけたことです。
いろんな人事の方に、君はPM(プロジェクトマネージャー)もしくは営業で採用したいと言っていただけたのですが、自分としては営業や管理職であれば自分で環境を作ることができる。その選択は夢のためにも自分のビジネスマンとしてのキャリアのためにも譲れない部分でした。
ただ、自分のエンジニアリングスキルがすぐに戦力になれないことも理解していました。
そのため、就活中もスキルを磨く活動をしていくつかプロダクトを作ったのですが、情報学部でもない私の伸びしろを評価していただけたことに感謝し、内定を決めさせていただきました。

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

まずは一流のエンジニアになること。
そして、一流のビジネスマンとして力を持ち社会のためにビジネスを展開していければと思います。
社会福祉的な側面から見地をを述べると、日本という国は危機的状況だと思います。なぜならばボランティア精神が根強く、ビジネス思考になりにくく、しかしそれでもお国がお金を出してくれるためイノベーションが起きにくい環境に問題があります。
まずは産業として自律するための成長を受け入れないといけない。そのために僕は生きていると言っても過言ではありません。
すべての生きづらさを感じる人にとって、時には兄弟のように支え、また時には厳しく親のように、私は生まれてきてよかったと思える日本にするために自分の人生を捧げたいと思います。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

エンジニア志望に対して:地方はウケがいい!自分の研究の成果をひるむことなく発揮してください。
倍率の高い総合職志望に対して:これに対しても地方と都会で違いはないとは思います。1回〜3回までを海外に行ったりスポーツで良い成績を納めたり自分でビジネスしたり、多くの経験をした人たちはそのまま自分のバリューを出す努力をしPDCAを高速に回転して結果を出すことに集中してください。
そして特に在学中なにも行動しなかった学生さん:甘えるな!大学の費用を親に払ってもらって、たまにバイトして飲み会やサークルで遊ぶ君たちに一体なにができるのでしょうか?
しかし勝て!!絶対に負けるな!!ここで負けたらもう勝てるフィールドには絶対に立てない。断言しよう!ビッグになりたいと友達や彼女に漏らすならこれがラストチャンスや。
君に残った戦略は、選択と集中しかない!自分の強みに全てのアクセルを向けて、弱点の補填は捨てて強みだけを特化して乗り切れ!
いつか一緒に大きなことを成そう!


【N.S.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

N.S.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の繋がりたいお申し込みフォームの送信をお願いします。
弊社から連絡してお繋ぎ致します。
地方のミカタ会員様のみ対象のサービスとなりますので
会員登録がお済でない方は以下URLから事前にご登録をお願いいたします。
費用は一切掛かりません。

http://site.chihounomikata.com/


*OB・OGの方はボランティアでご協力頂いているため、連絡後は常識をもった行動をお願いいたします。
また、スケジュール次第で対応できない場合も多いので予めご了承ください。

<OBOG訪問お申し込みフォーム>

【お名前】 (必須)

【メールアドレス(PCメール推奨)】 (必須)

【OBOG訪問したい方】 (必須)

【ご希望の内容】(必須)
*内容によってはお繋ぎできない場合があります。

 「地方のミカタ」に会員登録済みです。登録がお済でない方は以下のURLからご登録を事前にお願いいたします。
http://site.chihounomikata.com/

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。