㈱インタースペース内定【2016卒I.C.さん】

ic1 
名前(イニシャル):I.C.
内定先:株式会社インタースペース
大学:東北大学
出身地:山形県
将来の夢:新しいWEBサービスを創る
学生時代の主な活動:国際交流、長期留学
就活を始めたときの志望業界:旅行
座右の銘:ピンチをチャンスに
おすすめの本:深夜特急
ic2 ic3

【地方就活生OBOGインタビュー】

Q. いつからどのように就活をはじめましたか?

3年の夏からです。ベンチャーの合同説明会に参加したのをきっかけに、ベンチャーに興味を持ち、Goodfindという団体を通じて、早いうちからベンチャーのインターンや選考を受けました。

Q. 地方と東京で感じたギャップはありますか?

情報という点では、個人的にはあまり感じませんでした。しいて言えば、東京の人はベンチャーの長期インターンができるのがうらやましいなと思いました。逆に地方の人は、就活シェアハウスのような地方同士でつながれる機会があったのが良かったと思います。

Q. 就活での一番の苦労はなんですか?またそれをどのように打破しましたか?

自己分析をして面接に臨む中で、自分がどんな人なのか分からなくなってしまったり、その状態で面接に行ってうまく表現できず落ちてしまったりしたことです。解決策は、人に話すのがやはり効果的だったと思います。逆求人というイベントに参加したのが自分を見つめなおすとてもいい機会になりました。

Q. 内定先に決めた一番の理由はなんですか?

社員個人の新しいチャレンジを推奨する環境があることです。仕事の領域に枠がなく、個々の目標の達成のために自分でやるべきことを決めて、まだ誰もやったことのないことでもやらせてくれる自由さが魅力的で、入社を決めました。

Q. これからどんな社会人になりたいですか?

ゼロからイチを創れる社会人になりたいです。新しいモノを創るには、何度失敗しても周りに認められなくてもチャレンジし続ける根気と周囲に働きかけて仲間を集める巻き込み力が必要です。この2つの力を、会社で身につけていきたいです。

Q. 最後に、地方就活生にメッセージをお願いします。

もし就活で悩んでいたら、就活をポジティブに捉えてみてください。「就活はどんな社会人にも会える最高の機会」「面接で落ちたのは会社が自分の魅力を理解できなかったからだ」「自分ってなんなんだ…でもこれが分かればまた違う自分に出会えるから考えてみよう」自分が分からなくなったり、面接で落ちたりすると、落ち込むと思いますが、ポジティブな発想に変えることで少し楽になるかなと思います!


【I.C.さんにOBOG訪問や就活相談ができます!】

I.C.さんにOBOG訪問や就活相談、とりあえず話が聞いてみたいなど
ご希望の方は以下の繋がりたいお申し込みフォームの送信をお願いします。
弊社から連絡してお繋ぎ致します。
地方のミカタ会員様のみ対象のサービスとなりますので
会員登録がお済でない方は以下URLから事前にご登録をお願いいたします。
費用は一切掛かりません。

http://site.chihounomikata.com/


*OB・OGの方はボランティアでご協力頂いているため、連絡後は常識をもった行動をお願いいたします。
また、スケジュール次第で対応できない場合も多いので予めご了承ください。

<OBOG訪問お申し込みフォーム>

【お名前】 (必須)

【大学名】 (必須)

【卒業年度】 (必須)

【メールアドレス(PCメール推奨)】 (必須)

【OBOG訪問したい方】 (必須)

【ご希望の内容】(必須)
*内容によってはお繋ぎできない場合があります。

 「地方のミカタ」に会員登録済みです。登録がお済でない方は以下のURLからご登録を事前にお願いいたします。
http://site.chihounomikata.com/

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です